COPIA SYSTEMS コピアシステムズ 分譲ソーラファーム

  1. TOP
  2. お得な制度

Tax Benefit 得な制度

  • グリーン投資減税(平成27年3月31日まで)

    navi_01_system_deals

  • 固定買取制度

    navi_02_system_deals

  • 固定資産税の軽減措置

    navi_03_system_deals

グリーン投資減税

エネルギー環境負荷低減推進税制(グリーン投資減税)は、我が国のエネルギー環境への適合及びエネルギー需給構造の改革のため、需要・供給の両面において、エネルギー起源CO2排出削減や再生可能エネルギー導入拡大に資する設備投資の加速化が必要不可欠であるとの観点から、平成23年度税制改正において創設されたものです。

制度概要以下のいずれか一つの税制優遇措置を選択できます。

  • 取得価額の30%相当額の特別償却(法人税の上限20%以内)
  • 即時償却(100%償却、全額償却)
  • 取得価額の7%相当額の税額控除(中小企業のみ)

太陽光発電所、設置導入費用一括償却の効果の例(長野県佐久市)

img_01_system_deals

設置導入費用一括償却の効果

img_02_system_deals

期間 平成25年4月1日から平成28年3月31日までの期間内
(即時償却については平成27年3月31日までの期間内)
対象 青色申告書を提出する個人及び法人が、
対象設備を取得し、かつ1年以内に事業の用に供した場合
条件 固定価格買取制度の設備認定を受けた
10kW以上の太陽光発電所設備
制度 以下のいずれか一つの税制優遇措置を選択できます。
①普通償却に加えて取得価額の30%相当額の特別償却
②即時償却(100%償却、全額償却)
③中小企業者等に限り、取得価額の7%相当額の税額控除

詳しくは以下WEBページを参照ください。

bnr_01_system_deals

固定買取制度

太陽光発電等の再生可能エネルギー源を用いて発電された電気を、国が定める固定価格で一定の期間電気事業者に調達を義務づけるものです。現在10kW以上の太陽光発電システムでは20年間金額が固定されています。

img_03_system_deals

img_04_system_deals

固定資産税の軽減措置

「再生可能エネルギー発電設備に係る課税標準の特例措置」に規定する、再生可能エネルギー源を活用した発電設備(平成23年6月30日〜平成28年3月31日までの間に取得したもの)に対して固定資産税の課税標準額が、最初の3年間に限り3分の2とされます。

制度概要

(1)根拠法令 地方税法附則第15条37項、地方税法施行規則附第6条第60項
(2)対象設備 固定価格買取制度の認定を受けて取得された再生可能エネルギー発電設備(※)。
但し、住宅等太陽光発電設備(低圧かつ10kW未満)を除く。
(※)蓄電装置、変電設備、送電設備を含む。
(3)スキーム 対象設備について新たに固定資産税が課せられることとなった年度から3年度分の固定資産税に限り、
課税標準を、課税標準となるべき価格の2/3に軽減する。
(4)適用期間 平成24年5月29日〜平成26年3月31日